ウェブアクセシビリティの評価・試験

Q

ウェブアクセシビリティについて、ユーザー評価を行うことは必要でしょうか。また、公的なモニター制度はありますか。

A

ウェブアクセシビリティ対応において、ユーザー評価を行うことは必要です。JIS X 8341-3:2016の附属書JAでは、ユーザー評価を行う必要について「高齢者及び障害者を含む利用者にウェブコンテンツを実際に利用してもらって問題を抽出したりすることで,ウェブコンテンツが達成基準を満たしているかどうかの判断がより確かになる。」と書かれています。また、公的なモニター制度はありませんので、専門の業者に頼むことも一つの方法です。

Q

ウェブアクセシビリティの試験や検査を実施する際、資格のようなものは必要ですか。

A

資格は必要ありません。ただ、JIS X 8341-3 (WCAG 2.0) の実装方法を理解しておかないと、ウェブアクセシビリティを正しく試験することができません。実装方法や判定方法の情報は、W3Cで「Understanding WCAG 2.0」や「Techniques for WCAG 2.0」を公開しているので、それらの情報を見て正しく実装されているのかを判断できることが必要になります。「Understanding WCAG 2.0」や「Techniques for WCAG 2.0」の日本語訳が、ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)で「WCAG 2.0 解説書外部サイトを別ウインドウで開きます」、「WCAG 2.0 達成方法集外部サイトを別ウインドウで開きます」として公開されていますので、参照してください。